不妊症にならない安全なダイエット方法

肥満も不妊の原因になると言われていますが、逆に痩せすぎによって不妊症が起きてしまうこともあります。
栄養不足状態が長引くダイエット方法をしていると、女性の身体はまず子宮から機能が停止してきます。

身体が飢餓状態になると、生殖機能を動かしている余裕がなくなるからです。
これが無理なダイエットによって無月経になってしまう状態です。

「煩わしくなくて良い」と感じる人もいるかもしれませんが、実は不妊症を引き起こす原因になる怖い状態です。
女性ホルモンの働きが乱れてしまうと、不妊だけではなく骨粗しょう症などの原因にも繋がります。
栄養を摂らないダイエット方法は、短期的に見れば効果が高いですが、長い目で見るとしっぺ返しを受けるリスクが高いということです。

食欲が抑えられないで困っているならば、ビール酵母ダイエットが効果的です。
ビール酵母が入ったヨーグルトを食べることで、お腹が膨らんで自然に食事の量を減らすことが出来ます。
脂肪を燃焼させたり、便秘を改善する効果も得られます。

食欲抑制効果を狙うならば、食事の30分前にビール酵母入りダイエットを食べるか、間食の代わりに食べると良いです。
3食のうち1食をビール酵母入りヨーグルトに置き換えると減量の即効性がありますが、これだと栄養が偏りやすいので、置き換える場合には残りの2食のバランスをよく考えたほうが良いです。

脂肪が燃焼されやすくなるのは、ビタミンB群の働きによるものです。
ビタミンB群は脂質代謝ビタミンとも呼ばれており、脂肪や糖の代謝をサポートしてくれます。

脂肪吸収を抑える薬には、オーリスタットがあります。
オーリスタットは脂肪の吸収以外は阻害しないので、栄養バランスが崩れにくいのが特徴です。
オーリスタットを使うと、食べすぎた時の罪悪感を軽くすることも出来ます。

関連トピックス