オーリスタットの脂質吸収阻害作用で痩せる

オーリスタットは、オルリスタットとも呼ばれる痩せる効果の高い医薬成分であり、スイスの大手製薬会社のF・ホフマン・ラ・ロシュから販売されている肥満症の治療薬であるゼニカルの主成分です。
オーリスタットは、胃や腸で消化酵素トリアシルグリセリドリパーゼの活性セリン残基と共有結合を形成する事により、トリアシルグリセリドリパーゼの効果を下げます。
食物に含まれる脂質の分解を抑制して、脂質の吸収率を30%低下させます。
その為、オーリスタットは、痩せる為の行き過ぎた食事制限の必要は無く、食事制限をしていないのでストレスも無く、リバウンドも起き難いとされています。
オーリスタットは、食欲抑制剤の様に神経中枢に作用する事が無く、胃や腸などの消化器官で効果を発揮します。
その後3日~5日で薬の成分が体外に完全に抜けるので、腎臓や肝臓などへの蓄積や長期残留が無く、薬物への依存や血管に対する負担も少なく、重篤な副作用は少ないとされています。

副作用の少ないオーリスタットですが、下痢様相症状とビタミンに関連する副作用があります。
脂質を未消化のまま排出する事で痩せる効果を得ているゼニカルですが、脂質が多く排出されると放屁と間違える便失禁や便意が自分の意思でコントロール出来無いなどの副作用があります。
又、オーリスタットは、未吸収の資質と共に脂溶性ビタミンを排出してしまうので、脂溶性ビタミン欠乏症になるケースが多々あります。

極稀にオーリスタットは、食欲不振や全身の倦怠感、痒みのある皮膚疾患、黄疸などの症状を伴う肝機能障害、排尿障害や血尿、手足の浮腫みなどの症状を伴う腎機能障害、胆石症、膵炎などの重篤な副作用症状を発症するケースもあります。

関連トピックス